おしえて!梵先生ロゴ

5 10

【九星気学】
今年下半期オススメの行動や物、
運気を上げる夏の食べ物をおしえてください!

あつきあつき「・・・・・・」

梵梵「あつきさん」

あつき「・・・あ、梵先生」

梵「どうしたんですか?」

あつき「ゴールデンウィークが終わって、気が抜けてしまって… 暑くなったり寒くなったり、寒暖の差も激しくて…」

梵「長期のお休みが終わると理由もなく身体と心が不調に陥ることが多くなります。特に『5月病』という言葉もあるくらいですからね」

あつき「食欲もあまり無いんですが、こういう時に食べるといい運気を上げるような食べ物とかはあるんですか?」

梵「はい。では、今回は九星気学で、今年気にしておくといい行動や物、この時期に食べるといい物をお話しますね」

あつき「お願いします!」

梵「九星が受ける気は毎年変わるので、運気の上がる・下がるものについても毎年違うんです。中でも今年は、九紫火星、四緑木星、八白土星の順で、この三つのタイプに問題が起きやすくなっているので、運気を底上げして少しでも気楽に過ごせるようなものということでご紹介しますね」

あつき「はい!」

  食べ物 行動
一白水星
果物全般、ちょっと贅沢な食べ物 教えられることは何でも人に教える、緑の多いところに出かける 金、銀、真珠などのアクセサリーをつける
二黒土星
ごぼう、たけのこ、れんこんなど、とにかく「土」のエネルギーを持っているもの 好奇心がくすぐられるもの、ワクワクするものを優先する キラキラするもの、石でできたもの
三碧木星
苦味のあるものを積極的に食べる たくさん日に当たる、人目を意識して身なりを整える ユーズドやアンティークをワンポイントで
四緑木星
麺類全般 火を使う作業、調理に勤しむ回数を増やすなど 紫色のものを身につける
五黄土星
辛味の効いた食べ物 嘘になってしまうハッタリは言わない 辞書や辞典
六白金星
魚類と、飲めれば酒適宜 とにかく細かいことは考えずに笑う、水辺に行く 楽器、楽器の形をした小物
七赤金星
たらこやいくら、塩昆布など塩分多めのもの。酒は過ぎないように 川や海、プール ハンディサイズのパワーストーン
八白土星
炭水化物全般 緑の多いところに出かける 木でできたアクセサリーを身につける
九紫火星
根菜類を中心としたオーガニック食品、グリーンサラダ ガーデニングやウォーキング 着るものであればコットンや麻などの植物繊維

梵「まず、今年は九紫火星が八方塞がりの部屋に入っています。八方塞がりは、決して悪いことではなく、誰かの手を借りて上手に協力していこう、くらいの心構えで良いのですが、出入りするエネルギー量が格段に多いことも、間違いありません。エネルギーがたくさん入りすぎて、息詰まるほどギュウギュウする感じがする時は、それを上手に別物に変換するのを助けてくれるものが運気アップのアイテムということになります。具体的な行動としてはガーデニングやウォーキングなど体を動かすこと。着るものであれば、コットンや麻などの植物繊維がおすすめです。食事は、根菜類を中心としたオーガニック食品、グリーンサラダなどですね」

あつき「体を動かすことが運気をアップする行動なんですか?」

梵「体を動かすというよりも、地に足をつける感覚を持てること、ですね。農薬類があまり使われていない地元野菜が手に入れば、それが一番良いのですが、それが難しい方は少農薬やオーガニック表記のあるものを選ばれると良いと思います。一方で、エネルギーが足りない、あるいはやる気が出てこない時には、緑の中へ出かけたり、色鮮やかなグリーンサラダを食べたり、大きな声を出したりすることで、その辺りの解消につなげられます」

あつき「外に出ていきやすい気候になるから、梅雨に入る前に天気をうまく活用したりして気分転換出来そうですね」

梵「そうですね、ジメジメしてしまう前に、サッパリ気分転換しておいていただきたいところです。さて次に、四緑木星は暗剣殺といって、不用意なトラブルに見舞われやすい流れがくっついています。完全に解消することは難しいですが、例えば紫色のものを積極的に身につける、なるべく人前に立って失敗を恐れずに行動する、火を使う作業、例えば調理に勤しむ回数を増やす、なんていう行動を増やすことで、無用のトラブルから身を護ることができるようになります。食べ物は、麺類全般です」

あつき「火を使う作業がトラブルから身を護るっていうのは不思議~。じゃあ、四緑木星の人は、夏の間、麺類を火を使って調理して食べるのがいいんですね」

梵「それだと一石二鳥でいいですね。熱いものはちょっと、ということであれば、蕎麦はもちろんのこと、冷製パスタや冷やしうどんなども美味しそうです。更に続けますが、三番目の八白土星には、落胆したりガッカリしたりしやすい流れがくっついていますが、これも緑の多いところに出かけたり、木でできたアクセサリーを身につけたりすることで、良くない流れ自体を緩めることができます。ただ、八白土星の場合は、やればやるほど解消される、という訳ではないところが難しいところ。九星気学も五行の法則に則っているので、あまり相性の良くない『木』の気をプラスして対処することになる今回のような場合は、やりすぎると余計なガッカリ感につながってしまうこともあります。ある程度のことは『これも試練か』とサッパリ諦めるつもりでいないと、心が辛くなっていってしまうかもしれません。この時期は、炭水化物ダイエットは考えずに色々な炭水化物を食べてください」

あつき「夏の間は、炭水化物ダイエットは中止、と(笑)」

梵「では、頭に戻って… 一白水星の場合、今年は追い風運気の部屋に入っているので、何もしなくても例年よりラッキーが起こりやすくなっています。もちろん、何もしなくても大丈夫という甘い話には残念ながら、ならないのですが(笑)それでも持ち前の知識をまとめて人に教えようとする気持ちで行動できれば、間違いなく道が開けます。それと、緑の多いところに出かけるのもいいでしょう。食べ物は、果物全般と、ちょっと贅沢かなって思う食べ物」

梵「二黒土星に関しては、なんと金運がガツンと上がる一年に該当していますが、まずは自分から持ち出しして、それの見返りが大きいといった流れなので、あまり実感は湧かないかもしれません。好奇心がくすぐられるもの、ワクワクするものを優先して行動するといいですね。より一層、流れを大きくしようと思うなら、ごぼう、たけのこ、れんこんなど、とにかく「土」のエネルギーを持っているものを取り込みましょう」

梵「三碧木星は、特に悪いものがついているわけではないのですが、一年かけて大きく変化を迎える時です。頑張れば頑張るほど、実は年の運気とは相容れずに気持ちと現実のズレが大きくなりやすいので、それを解消するために、たくさん日に当たる、人目を意識して身なりを整える、苦味のあるものを積極的に食べるなどが、効果アリと言えます」

梵「五黄土星のいる部屋は、イメージ的には北向きの寒い部屋で、ひきこもって知識や知恵を蓄積するのに向いている年になっています。なので、今年は派手に何かをやってやろうと息巻いたり、嘘になってしまうようなハッタリを言ったりしないことですね。辛味の効いた食べ物で自分を鼓舞し、辞書や辞典を身の回りに置くと運気アップになるでしょう」

梵「五黄土星のいる部屋は、イメージ的には北向きの寒い部屋で、ひきこもって知識や知恵を蓄積するのに向いている年になっています。なので、今年は派手に何かをやってやろうと息巻いたり、嘘になってしまうようなハッタリを言ったりしないことですね。辛味の効いた食べ物で自分を鼓舞し、辞書や辞典を身の回りに置くと運気アップになるでしょう」

梵「六白金星も追い風の運気が入る年になっているのですが、割と短気な六白金星の気質に対し、追い風に当たる運気が非常にゆっくりのんびり入ってくるので、運気が良いはずなのにとてもイライラする、なんていう矛盾が生まれがちです。せっかくの良い運をうまく使いこなすためには、積極的に水辺に出かけたり、たらこやいくら、塩昆布など塩分多めのものを食べたりすることで、緩やかな流れにうまく乗ることができるようになります。お酒が飲める方であれば、それを肴に飲んでいただいても」

梵「七赤金星に関しては、とにかく口が災いの元になる年なので、発言にはご自分で気をつけていただくことが大事です。行くといいスポットは川や海、プールなど、水の近く。食べ物は、塩分多めのものがお勧めです。ただ、お酒に関しては口の悪さに拍車がかかりかねないので、注意が必要になるでしょう。ハンディサイズのパワーストーンを持つといいですね」

あつき「七赤金星は、六白金星と同じ水辺がいいけれど、お酒については逆なんですね。七赤金星のお酒のように、NG食材ってあるんですか?」

梵「全ての九星に言えることが、ここぞという時には賞味期限切れのものを食べないことです。賞味期限が切れても、食べられる食材は山ほどありますし、普段は食べていただいて大丈夫なのですが、勝負どころで食べてしまうと、後に八方塞がりになりやすいのです。」

あつき「ここぞという時には、食べないように気をつけます!ありがとうございました」