おしえて!梵先生ロゴ

3 15

【中医学】春分からの食養生

あつきあつき「いやー、あったかくなってきました。昼だけですけど。しかも時折、寒さが戻りますけど」

梵梵「心の底から喜んでいるというより、面倒くさがってるように聞こえますね(笑)」

あつき「あ、バレました?(笑)季節が2つ混ざってるような時期は、ぶっちゃけ面倒くさいです。今年は花粉も早めに飛んで早めに終わり、そんな気配もありますが、体調を崩すことに変わりはないですし」

梵「そうですね、気持ちはよくわかります。花粉症自体はアレルギーですが、冬に溜まった余分なものを外に出したい欲求とあいまって、他の季節より症状が出やすいのも確かですし」

梵「なので、春先は解毒の食材を多めに使うといいんです。こごみ、タラの芽、わらびといった山菜、ウド、菜の花。旬を迎えるものは、季節に合った効能のものが多いんですよ」

あつき「旬のものを食べるように心がけるだけで、体の役にも立つなんて、楽な上に実用的でいいですね」

梵「生産量が上がる分、価格も比較的下がってきて、手に入れやすいのも嬉しいところです」

梵「更に、滞った体内の流れを良くしながら、不要なものを外に出すのに良いのが、以前も話に出ていたスパイス類です」

あつき「春先にはカレーがいい、みたいな話でしたね」

梵「そんな感じですね。辛くてポカポカするのは巡りが良くなっている証拠。ですが、我慢が必要なほどの辛さ、止まらないほどの汗は、後で抵抗力を落とす元になるので、辛過ぎず食べ過ぎずが、いい感じです」

梵「また、スパイス類は発散の作用で体内から気が飛んでしまう分、温まるようでいて後で冷えてくることもあります。一緒にニンニクなどの温まるものも入っていれば良いのですが、そうでないなら日中に食べる方が無難です」

あつき「温まるつもりで食べたカレーで、冷えることもあるってことですか?!なかなか厄介ですね。気をつけます」

梵「これからは日中どんどん暑さを感じるようになって、冷たいものをガブガブ摂ってしまうこともありそうですが、それが夜になって冷えや怠さに変わり、自分を苦しめる元にもなります」

梵「食べ物だけで何とかするのではなく、急に動くと関節がグキッとなる季節を乗り越えたところで、散歩なりストレッチなりで、体そのものを動かして巡りを良くすることも大切になりますね。言ってて耳が痛いですが」

あつき「私も聞いてて耳が痛いです(笑)マッサージをしてもらう、なんていうのでも大丈夫ですか?」

梵「しないよりはマシですが、自発的に動かすのもセットにしないと片手落ち、というのが正直なところです」

梵「更に言うと『運動している』という方でも、各々の運動の仕方にはクセがあって、思うほど全身くまなく使えているわけではないことも、ままあります。なので、時にマッサージなどの客観的な目線で、ほぐしてもらうのもいいですね」

あつき「なるほど、運動しつつのマッサージがベストなわけですね」

梵「はい、ベストです。でも、言うほど継続は簡単ではないかもしれません。そこでベストならぬベターの方策として、1日1回はラジオ体操をする、週に2度くらい30分以上歩く日を作るといった方法も、オススメしておきます」

あつき「それは助かりますね」

梵「完璧にやろうと思うと、何事も頓挫するのが人間の性質です。かと言って、気が向いたらやろうなんて思っていると、大体気が向かないものです」

梵「そんなワガママな自分をうまいこと、けしかけたり、なだめたりしながら、伸びやかに過ごすのが一番の健康法でもありますからね」

あつき「そうですね、イライラするだけ不健康になる、そこはよくわかる気がします」

梵「せっかく花が綺麗に咲く時期ですし、ちょくちょく肩の力を抜いて、楽しみましょう」

まとめ

  • 春先は、いつも以上に旬の食材がお勧め
  • スパイス・生の生姜は摂りすぎ注意
  • 無理なく体も動かし、伸びやかに過ごすのが良し